ジスロマックの飲み方

ペットボトルからコップに水を注ぐ写真 ジスロマックは非常に効果の高い抗生物質になります。

抗生物質の効果を最大限発揮し、病気をしっかりと治しきる為には適切な用法と用量があります。

また、飲むにあたってベストなタイミングがあるので、きちんと飲み方を知り、有効にジスロマックの効果を受けられるようにしましょう。

病院で薬を処方してもらう時には医師や薬剤師に薬の事を詳しく効けるかもしれませんが、ネット通販で薬を購入する時には、自分で正しい知識を付けなければいけません。

自分の体に入る薬なので、正しい知識を持った上で服用するように心掛けてください。

性病治療でのジスロマックの飲み方

尿道炎や子宮頚管炎(淋病やクラミジアの症状)の場合は血中の成分濃度を一気に高める事で、細菌の増殖を防ぎ菌を死滅させることが出来るので1000㎎を一度に服用する事で、性病の治癒に働き、効果は1週間続きます。

ジスロマックは1錠に配合されている成分の量が異なり、一度に服用する数を調整する必要があります。

重要な事は1000㎎を飲むという事です。

250mg:1日1回4錠

500mg:1日1回2錠

1000mg:1日1回1錠

胃腸が弱い方は下痢や腹痛を引き起こす可能性があるので、心配な方は、1日1回500㎎を3日間続けて服用する事でも効果を得る事が出来ます。

1000㎎で効果が1週間続くので、継続して治療を進める方は服用してから1週間後に再び同じ量の服用が必要になります。

性病治療以外でのジスロマックの飲み方

性病治療以外でのジスロマックの飲み方は、500㎎を3日間連続で摂取する方法になります。

250mg:1日1回2錠

500mg:1日1回1錠

1000mg:1日1回0.5錠

こちらの場合も効果が1週間続くので、継続して治療を進める方は最初の服用から1週間後に再び同じ量の服用が必要になります。

ジスロマックを飲む際の注意点

服用期間

カレンダー 抗生物質の服用期間は実ははっきりと決まっているわけではありません。

症状が完治するまでが服用期間であると言えます。

ジスロマックは効果が1週間続くので、基本的な適応菌種の死滅に効果が見られます。

しかし、3日連続で飲む場合に自己判断で服用を止めてしまうと、効果が十分ではなく菌が薬に対して耐性を持ってしまう可能性があります。

治るはずの病気も治らないという状態になると、別の抗生物質を服用したり治療方法を変えたりと様々な手間がかかってしまいます。

また、抗生物質を服用する際には、体内の悪い菌の他に、必要な菌まで死滅してしまい免疫が弱まる事も考えられます。そうなったときに、服用期間を守っていないと、悪い菌が残っていて再び増殖してしまった際に症状が強く出てしまう可能性があります。

その為に服用期間は絶対に守りましょう。

服用して1週間経過した後も症状が消えない場合には、もう一週間服用をするか、不安な場合は医師又は薬剤師に相談しましょう。

服用量

抗生物質はそれぞれに決められた服用量があります。

その理由は、細菌に対して効果的に働く適切な成分の血中濃度が定められているからです。

量が少ないと服用期間を終えても再発する可能性がありますし、逆に多く服用しても効果が強くなるわけではなく、副作用が出やすくなる可能性があります。

症状が弱くなってきていると自己判断で薬の量を減らすのはとても危険です。

わずかに細菌が残っていた場合にはそこから菌が増殖し、以前より強い細菌となって再び症状を引き起こすことになります。

なので、完全に体の中で菌を死滅するように、症状が軽くなったと思っても決められた量を飲みきりましょう。

適切な量をしっかりと守る事が病気を治す一番の近道であることを忘れないでください。

服用のタイミング

悩んでいる男性 ジスロマックは基本的に1日の中で一回飲めばいつ飲んでも問題はありません。

しかし、3日間連続で飲む場合は、毎日同じ時間に飲むように心掛けましょう。

基本的に抗生物質は食後に服用と決められている物が多いですが、その主な理由は飲む回数と飲む間隔を一定に分かりやすく決める為である場合が多いです。

食後に服用する事で成分の吸収率が上がるといった理由もありますが、ジスロマックの場合は空腹時に飲んだ方が良いとされます。

その理由は、食後に服用する事で成分の血中濃度が急激に上昇してしまい消化器系の副作用が強く出てしまう可能性があるからです。

簡単に説明すると、胃に負担がかかって、下痢をしてしまう可能性が高くなる言う事になります。

得られる効果については、食前でも食後でも基本的に問題はありません。

3日連続で飲む場合は毎日同じ時間に飲むように心掛けましょう。

ジスロマックは正しい飲み方で!

・性病治療の際は1000㎎を1回で飲む(500㎎を3日に分けてもよい)

・性病以外の治療の際は500㎎を3日に分けて飲む

・細菌が完全に体内からいなくなるまで期間と量を絶対に守る

・3日に分けて飲む場合は毎日同じ時間に飲む

・食前に飲んだ方が副作用が少ない

正しい飲み方を知り、効果的で副作用の少なく病気を治療しましょう。

Copyright © 2017 ジスロマックのすすめ All Rights Reserved.