ジスロマックの細菌への効果

細菌 ジスロマックの効果は、2つの効果を期待できるとされています。

1つは、細菌をやっつけてくれる効果です。

細菌感染を治すためには、からだの免疫機能がとても大切な役割を果たしてくれます。

免疫が細菌をやっつけてくれることで感染症は治りますが、これをこれを手助けしてくれるのがジスロマックになります。

ヒトのからだは細胞によってつくられています。

この細胞はどれもタンパク質によってつくられ、細胞そのものは「タンパク質の寄せ集め」と考えることができます。

細菌もヒトと同様、タンパク質によって増殖していきます。

ヒトにも細菌にも共通するのがタンパク質をつくる工場になる器官があり、これを"リポゾーム"と呼びます。

しかし、ヒトと細菌ではリポゾームの形が異なっています。

なので、ジスロマックを服用してもヒトには影響せず、細菌だけに効果を発揮するようにつくられています。

細菌が増殖するまでの流れを見てみると、次のようになります。

細菌 → リポゾームでタンパク質をつくる → 細菌が発育・増殖

ジスロマックには、細菌のリポゾームのはたらきを阻害する作用があります。

リポゾームのはたらきを邪魔することでタンパク質がつくれなくなり、細菌が増えるのを抑えることができます。

その結果、細菌を弱らせ、免疫がやっつけてくれるのを手助けしてくれます。

また、ジスロマックにはもう1つの効果が期待できます。

それが、炎症を抑える効果です。

感染した場所が腫れたりすれば、痛みを伴います。

これは、炎症を起こしている部分に白血球の一種である"好中球"が集まることで起こっています。

ジスロマックは炎症している部位に好中球が集まるのを阻害する作用により、炎症を抑える効果が期待できます。

ジスロマックの歯周病への効果

歯磨きをしている口元 テジスロマックは性病の治療薬として頻繁に取り上げられる薬ですが、歯周病の治療にも効果があります。

歯周病は日本人成人の多くがかかっている可能性のある身近な病気で30歳を超えると90%以上もの人が歯周病を患っていると言われています。

歯周病と聞くと、歯磨きをしていないと起こる歯茎が弱くなってくる病気と軽く考えている人が多いのですが、実はとっても怖い病気で時には命にまで係わる可能性もあります。

歯周病の原因となる歯垢には多くの細菌が潜んでいて、放置してしまうと、細菌同士が結合し、「複合バイオフィルム構造」という強力な状態に変化します。

その状態になってしまうと、歯垢の除去ではなかなか解消できず、歯槽膿漏や顎炎といった症状の他にも心筋梗塞や脳梗塞や動脈硬化などの重篤な病気にまで発展してしまう可能性があります。

そこまで重くなってしまった歯周病の治療に用いられるのが、アジスロマイシンが含まれているマクロライド系抗生物質のジスロマックになります。

ジスロマックが進行した歯周病に対して有効な理由が4点あります。

1.長時間にわたり効果が継続する…結合バイオフィルム構造にまで発展した細菌に対して3日間の服用で1週間から2週間に渡り効果を発揮する
2.歯周病の形成を抑制する…細菌のタンパク質を増やすリポゾームという器官の働きを阻害し、細菌の増殖を抑制する。それにより、結合バイオフィルム構造の進行を抑え、抗生物質の効き目を促進します。
3.感染部に素早く効く…ジスロマックはその他の抗生物質に比べて蛋白への結合率が約5分の1と低く、細菌が感染している箇所へ素早く効果を発揮します。
4.他の部位に対して影響を及ぼしにくい…アジスロマイシンは白血球に取り込まれやすいという性質を持っています。白血球は体内に流れ出た細菌などの異物を分解する働きを持つ為、抗生物質の成分が歯周病に対して効率よく働きかけます。

ジスロマックの淋病への効果

発狂する男性 淋病はクラミジアに次いで多くかかっている性病で年間約8千人の感染者がいる病気となります。

淋病は淋菌という細菌の感染によって引き起こされる性病です。

淋菌は感染確立が非常に高く、淋病患者との粘膜接触により30%ほどの感染力を持つ細菌です。

クラミジアと共に併発するケースも多く、双方に効果のあるジスロマックは非常に有効な抗生物質であると言えます。

潜伏期間は、大体1週間程度ですが、3週間以上潜伏してから淋病を発症するケースもあります。

女性は感染初期では症状が出にくい為、発見が遅くなってしまうという危険も持ち合わせています。

淋病は適切な治療を行う事によって比較的簡単に直すことのできる病気であるので、症状が出て病気の疑いがある場合には直ちに薬を服用しましょう。

淋菌は、以前は有効であったペニシリン、ミノマイシン、シプロキサンなどの抗生物質に対して耐性を持っており、これらの薬では治療が難しくなっています。

アジスロマイシンは淋病に対して効果を発揮するので治療が可能であると言えます。

しかし、最近では淋菌の耐性化が進行していて、アジスロマイシンにも耐性を持つ淋菌が発見されているというデータもあるようです。

再発をして菌が耐性を持ってしまうと治療が難しく時間がかかってしまう場合があるので、お医者様の指示に従う事が好ましいでしょう。

しっかりと完治しているかは性病検査キットという商品も購入で判断する事も出来ます。

ジスロマックの風邪への効果

寒がる女性 風邪を引いたときに、抗生物質を飲めば治ると考えている方は多くいます。

実際に抗生物質は細菌型の風邪には効果をもたらしますが、一般的な風邪はほとんどがウイルス感染による物なので抗生物質は効かないという事が言えます。

逆に、むやみに抗生物質を服用してしまうと、細菌が耐性をもってしまうのでいざという時に効果が薄くなってしまう可能性があります。

風邪などの自己治癒力で治りそうな症状にはジスロマックの服用はお勧めできません。

しかし、風邪を引いて免疫力が低下し、細菌による二次感染を防止する為にジスロマックが処方される場合もあるので、風邪の際にジスロマックを服用する場合は医師の判断に従いましょう。

ジスロマックの性病や歯周病以外への効果

ジスロマックは個人輸入を通じて性病に対して有効な治療効果を発揮する薬であるとの認知が多いようですが、病院でも多くの症状に対して効果を発揮する薬として処方されています。

ジスロマックの性病以外に効果のある適応症について説明します。

深在性皮膚感染症黄色ブドウ球菌または化膿性連鎖球菌という細菌によって起こる皮下組織に真菌というカビが生える病気です。水虫が皮膚の内部にできるような症状がある感染症です。 塗り薬では治療が困難になるのでジスロマックの服用により効果を発揮します。
咽頭・喉頭炎のどの粘膜やリンパが慢性的に炎症する病気です。喫煙や飲酒などで喉が弱っている際に症状が出やすくなります。ジスロマックによって喉の炎症を抑える事が出来ます。
扁桃炎ストレスを感じたり免疫力が落ちてきている際に細菌感染によって扁桃腺に炎症が起きます。細菌ではなくウイルス感染によっても炎症が起こる為にお医者様の診察によってジスロマックが処方されるか決定されます。
リンパ管・リンパ節炎溶血性レンサ球菌やブドウ球菌が体内に入る事によって引き起こされるリンパ管の炎症です。
急性気管支炎マイコプラズマなどの細菌感染によって引き起こされます。しかし、主な原因はウイルス感染による物になり、細菌感染が原因の場合にジスロマックが効果を持ちます。
肺炎体力が落ちているときや免疫が弱くなっている際に肺に細菌やウイルスが感染し炎症を起こします。細菌感染が原因の場合にジスロマックが効果を持ちます。日本人の死亡原因の上位の病気です。
肺膿瘍細菌による肺炎が重症になった際に組織が壊死し、膿が発生する病気です。抗生物質の長期間の服用が必要になります。
副鼻腔炎蓄膿症と呼ばれている病気です。細菌やウイルスの感染により副鼻腔に炎症が起こり症状が出ます。初期段階では抗生物質の服用で治りますが、マクロライド系の抗生物質が効きづらい副鼻腔炎も存在します。

ジスロマックは効果の高い万能な薬!

ビックリする女性 ジスロマックは性病を始め、多くの細菌感染による病気に対して効果を発揮します。細菌の増殖を抑制し、死滅させる効果に合わせて抗炎症作用も持ち合わせている為に多くの症状に対して効果があります。

歯周病、扁桃腺の腫れ、蓄膿症などは一般的によく聞く言葉で多くの人が症状を感じたことがあるのではないでしょうか。

身近に誰にでも起こりうるこれらの病気がジスロマックによって改善できるという事でとても優秀な抗生物質であると言えます。

比較的に新しい抗生物質となりますので耐性のある菌も少なく、幅広い症状に対して効果を発揮します。

細菌の感染に対して効果があるので、ウイルス感染と自分では判断できない時には病院へ行き、適切な薬を処方してもらいましょう。

Copyright © 2017 ジスロマックのすすめ All Rights Reserved.